認定経営革新等支援機関に認定されました。

4月30日に認定経営革新等支援機関に認定されました。30日の午前8時半くらいに中小企業庁からメールが入りました。急いでメールを開けると、「経営革新等支援機関の新規申請が認定されました。」とありました。おもわず「おお!」と唸ってしまいました。ほっとしました。

昨年7月より兵庫県福崎にある中小企業大学校に支援機関になるための理論研修を10月までの4回受講しました。毎月4日間、研修所にある宿泊施設に泊まり込みで勉強し、10月に理論研修試験合格。その後12月の実践研修2日間を受講、試験合格して、ようやく今年3月に認定のための申請をしていました。思えは昨年7月からの9か月越しの認定ですのでやっぱりうれしいです。

しかし、これからが本番です。支援機関になりいよいよ中小企業支援に対する思いが強くなりました。このコロナ禍の中苦しんでいる中小零細企業の方々を支援・サポートし、ともに前進していきたいと思います。

銀行を平成18年に退行し、一度10年間ほどコンサルタント・行政書士として営業していた時期がありました。その時には、公的機関との連携は全く行っていませんでした。しかし、今回支援機関になり、公的機関との連携をしっかりと行い、中小企業の皆様に最良のサービスをお届けしたいと考えています。

そして、金融機関とも連携をし、今後コロナ融資の返済が始まる企業のサポートをしっかりと行って行く必要があると考えています。これが私がやるべき仕事であり、このために9か月もかけて認定支援機関になったのです。

さあ、仕事をはじめましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。