行政書士&認定経営革新等支援機関

当ホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。

私は、行政書士&認定経営革新等支援機関であります鈴木と申します。どうぞ宜しくお願い申し上げます。

私は20年間メガバンクに勤務し、そのあと独立し財務コンサルタントや行政書士として約10年間働きました。そして上場会社の子会社社長として4年半勤務し、令和2年4月より再び行政書士として中小企業支援を行っています。

今年4月に認定経営革新支援機関に認定され、より一層中小企業の皆様の経営支援を公的な機関と協力しながら行っていこうと思っています。

私は、銀行員時代、夫婦でやっている零細企業から、地場の中小企業、中堅企業、上場企業など、様々な規模・業種のお客様を担当することができました。そして、お客様の色々なニーズに応えるために、様々な勉強をし、情報取集し、融資稟議を作成し本部折衝をしたりしました。お客様のニーズにうまく応えることができた時もありましたし、残念ながらうまくいかなかったことも多々ありました。お客様に喜んで頂けるこの仕事は面白かったし充実していました。そしてお客様から色々と学ぶことができ、自分自身も成長することができたと実感できました。

私は、銀行員時代から、銀行員というよりはむしろコンサルタントといった動きをしていたと思います。自分の知識や経験、人脈を活用して、いかにお客様に役に立つ情報を提供できるかを考え、行動していました。そして、このコンサルタントという仕事を、人生のラストステージとして再度選択致しました。行政書士という資格を活用することで、直接お客様の許認可申請の代行や、補助金申請の作成を行うことができます。行政書士兼コンサルタントということで、事務所名も「行政書士スズキコンサルティング」としました。

行政とのパイプ役である「行政書士」、また中小企業の支援を行う「認定経営革新等支援機関」である当事務所は、行政や金融機関などのパイプ役を果たし、スムーズな事業展開や資金調達を実現できるようにすることが使命であると考えています。そして、時代の変化に取り残されないように、企業も自ら変化していかなければならない時代となっています。

私は、この変化の激しい世の中で、どのように経営していくか悩んでいる経営者の良きパートナーでありたいと思っています。ゆえに、私自身も、変化に負けないように、新たな取組についてもしっかりと勉強し、進歩していかなければならないと考えています。

当事務所は、中小企業のサポーターとして、公的機関としっかり連携をとり、「経営革新計画」、「経営力向上計画」、「経営改善計画」、「融資補助金」、「許認可申請」、「入管申請取次」、等の支援を行っています。

中小企業の皆様が、茲許の混沌とした情勢の中、生き残り、前進して行くことができるように、全身全霊を傾けて、お客様の経営革新・経営改善に取り組んでいこうと考えています。

どうぞ皆様、宜しくお願い申し上げます。