資金調達の種類

出資か借入、どちらを選択するか?

 事業を開始するときにまず事業に必要な資金をどうするかを考えなければなりません。まず、自分で貯金してきたお金を使用する。両親・親戚から出資または借入する。日本政策金融公庫の創業融資を利用する。色々と考えられます。事業によっては、そんなに多額な資金が要らない場合もあります。また、逆に大きな資金が必要な事業もあります。少ない資金で始められるのであれば、自分の貯金だけでスタートできますね。しかし、自分の貯金だけではどうしても足らない場合もあります。じゃあ、貯金が貯まるまで待とうかという考えもあると思いますが、それでは先行者利得を失うかもしれません。。今始めるなら、出資してもらうか、融資を受けるかしてスタートするということになります。

 さて、では出資してもらうか、借入するかどちらが良いのでしょうか?まず、出資を受けるということは、自分の会社の株主になってもらうということです。出資してもらったお金は返済しなくでもよいです。しかし株主は株主総会で議決権を持つことができますので、会社経営を左右することができるようになります。会社の取締役の選任・解任は株主総会で決定するので、出資してもらった株主が過半数を持っていれば、経営者を解任できるのです。ですので、出資を受けると返済は必要ないのですが、その事業の経営に色々と口を出されることになるかもしれないというリスクはあります。

 では、借入をするということはどういうことでしょうか。それは、お金を貸す人が、そのお金を貸す条件を「金銭消費貸借約定書」に記載して、お互いに約定を交わすして融資してもらうというこです。借入の条件は、借入期間や金利、約定返済の金額、担保の条件等があります。よって、借入をするということは、借りたお金を金利をつけてしっかり返済していかなければならないということです。出資を受けた場合と大きく異なりますね。しかし、出資を受けた場合には経営に口を挟まれるというリスクがありましたが、融資を受けた場合は、債権者(貸出人)から経営に口を挟まれることはありません。借り入れしたお金を自由に利用することができます。(銀行で借入するときは、融資の審査があり、資金使途や返済能力に関することをしっかり説明できなければなりません。)

 出資を受ける、融資を受ける、どちらも一長一短ありますが、さあ、どちらを選択なさいますか?結論は、そのバランスをよく考えて利用するということでしょうか。