銀行の役割

銀行の存在意義とは?

 現在、銀行の収益がどんどん落ち込んでいることが問題になっている。もし、すべての銀行がそのような状態であるのであれば、すでに銀行の役割は終わっているのではないか。

 もしくは、マーケット規模に比して銀行の数が多すぎであるということではないか。そうであれば、他産業と同じように淘汰され、弱いところは潰れていかなければならないと思うのだが?現状そうはなっていない。

 それは、銀行が潰れると預金者や債務者が困るからということで、保護されているのである。過保護政策ということである。アメリカでは、銀行がバンバン潰れているそうであるが、日本はなぜだかそういうことにはならない。甘い世界である。

 銀行の本業は、預金を預かって、そのお金を融資することである。その仕事をやらないのであれば、銀行免許を返上して、保険会社や証券会社になって保険や投資信託を販売だけすれば良い。

 世の中には資金を借りたい人がいるのだか、銀行が貸してくれないそうだ。マーケットがあるのだが、それを貸さないから銀行自体も本来の仕事を放棄して、収益があがらないのである。理解に苦しむ。なぜ目の前のビジネスチャンスを見過ごすのか?なんやかんや出来ない理屈をつけてやらないのである。何を考えているのか?

 銀行の言い分では、いや、そんなことはない、「貸せるとことには貸している!」とおしゃるのだと思うのが、そんなことは当たり前だのクラッカーだ。貸せないと勝手に判断しているところを、もう一度見直して考えて欲しいのである!

 マーケットはあるのである。それを無視して貸さないのなら銀行やめたほうが良い。どうせ政府が守ってくれると思っているのであろうか?そんなバカなことがあるのか?

 借りたい人がいる、マーケットがあるのなら、その人にどうやって融資するかを真剣に考えて、工夫して、リスクにチャレンジして新たな方法をやってみて欲しい。

 旧態依然として昔と何も変わらないことだけをやっている。大変残念である。仕事面白いのであろうか?

 最後にもう一回言いたい。銀行の本来の仕事は、お金を貸すことだ!!!

資金調達の種類

出資か借入、どちらを選択するか?

 事業を開始するときにまず事業に必要な資金をどうするかを考えなければなりません。まず、自分で貯金してきたお金を使用する。両親・親戚から出資または借入する。日本政策金融公庫の創業融資を利用する。色々と考えられます。事業によっては、そんなに多額な資金が要らない場合もあります。また、逆に大きな資金が必要な事業もあります。少ない資金で始められるのであれば、自分の貯金だけでスタートできますね。しかし、自分の貯金だけではどうしても足らない場合もあります。じゃあ、貯金が貯まるまで待とうかという考えもあると思いますが、それでは先行者利得を失うかもしれません。。今始めるなら、出資してもらうか、融資を受けるかしてスタートするということになります。

 さて、では出資してもらうか、借入するかどちらが良いのでしょうか?まず、出資を受けるということは、自分の会社の株主になってもらうということです。出資してもらったお金は返済しなくでもよいです。しかし株主は株主総会で議決権を持つことができますので、会社経営を左右することができるようになります。会社の取締役の選任・解任は株主総会で決定するので、出資してもらった株主が過半数を持っていれば、経営者を解任できるのです。ですので、出資を受けると返済は必要ないのですが、その事業の経営に色々と口を出されることになるかもしれないというリスクはあります。

 では、借入をするということはどういうことでしょうか。それは、お金を貸す人が、そのお金を貸す条件を「金銭消費貸借約定書」に記載して、お互いに約定を交わすして融資してもらうというこです。借入の条件は、借入期間や金利、約定返済の金額、担保の条件等があります。よって、借入をするということは、借りたお金を金利をつけてしっかり返済していかなければならないということです。出資を受けた場合と大きく異なりますね。しかし、出資を受けた場合には経営に口を挟まれるというリスクがありましたが、融資を受けた場合は、債権者(貸出人)から経営に口を挟まれることはありません。借り入れしたお金を自由に利用することができます。(銀行で借入するときは、融資の審査があり、資金使途や返済能力に関することをしっかり説明できなければなりません。)

 出資を受ける、融資を受ける、どちらも一長一短ありますが、さあ、どちらを選択なさいますか?結論は、そのバランスをよく考えて利用するということでしょうか。

融資・銀行についてのBLOG始めます。

本日より、融資や銀行についての情報や私の考えについてお話します。

 行政書士スズキコンサルティングのホームページをご覧頂きまことにありがとうございます。本日から、融資や銀行取引についての情報や私の考えをこのブログでお話ししたいと思います。まず、今回と第2回目で、私が今回「融資・資金繰り専門行政書士」になるまでの経緯についてお伝えしたいと思います。
 私は、大学卒業後メガバンクに20年間勤務し、そのほとんどの期間、融資営業を行っておりました。特に新規先開拓が好きで一生懸命にその仕事に打ち込んでいました。私が新規にご融資したお客様の中には、その後株式上場された会社も何社かあります。そのことは今でも、私にとってまさに銀行員冥利に尽きることだと思っております。
 そして、私は、予てより広く世間で自分の力を試してみたいという思いを持っており、20年間勤務した銀行を自主的に退職し、コンサルタントとして独立しました。のち行政書士の試験に合格し登録を行いました。コンサルタント・行政書士としての仕事としては、やはり、銀行員であったということもあって、お客様のニーズから融資や銀行取引についてのご相談がメインとなって行きました。私もそのニーズに必死にお答えするべく、知恵を絞り、足を使って動きました。
 私にご相談があったお客様は、個人営業の方から年商100億円を超える中堅企業様までいらっしゃいました。個人で営まれている居酒屋さんの保証協会融資のお手伝いも致しました。申込書を作成するために、ご主人が、売上や仕入れの金額をノートに書きこんでいらっしゃったのを、私が整理し計算して数字を記入したことを覚えています。融資が実行されたとき、その居酒屋さんでご馳走していただきました。お客様に喜んでいただいて飲むビールは本当に美味しかったと思います。賃貸不動産の借入をまとめて一本化して返済金額を減らし、キャッシュフローを改善させて頂いたお客様もいらっしゃいます。新規に事業を始めるのに保証協会融資からお手伝いし、数年後には銀行からの無担保プロパー融資をお手伝いし、借入できるようになったお客様もいらっしゃいます。ほか色々な案件をお手伝いさせて頂きました。
 しかし、ご相談いただいた案件すべてがうまくいくことはありませんでした。私としては、何とかできないかと必死になって考え動きましたがご期待に添えない結果になったときは申し訳ない気持ちでいっぱいでした。今であれば、その時よりブラッシュアップした知識や経験をもって対応できたかもしれません。これから、新たに「融資・資金繰り専門行政書士」として中小零細企業様、個人事業主様、ベンチャー企業様の資金面でのサポートをさせて頂きたいと思っていますが、私のこの様な経験をしっかりと生かして、是非皆様に喜んで頂きたいと思っています。
 今回の話はここまでとしまして、その後から今日までは、次回にお話ししたいと思います。この期間で私はより良い経験を致しました。どうぞお待ちください。