持続化給付金

中小企業・個人事業者向け持続化給付金について

 

 新型コロナウイルス感染症の拡大に伴うインバウンドの急減や営業自粛により特に大きな影響を受けている中小企業や個人事業者に対して、事業の継続を支え、再起の糧とするための事業全般に広く使える給付金の申請が、令和2年5月1日から令和3年1月15日まで行われています。給付金額は最大、法人で200万円、個人事業者で100万円となっています。

 給付の条件は、令和2年1月以降で、新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、前年同月比で事業収入が50%以上減少した月(対象月)があることとなっています。

 給付額の算定式は以下の通りです。
S:給付額(上限は法人200万円、個人100万円)
A:対象月の属する事業年度の直前の事業年度の年間事業収入
B:対象月の月間事業収入

S=A-B×12(上限金額まで)

 申請の手順は、持続化給付金ホームページへアクセスして、電子申請で全て行います。

 ネットによる申請が苦手だ、添付書類がよく分からない、申請に中々時間が取れない等のお悩みがある方は、行政書士が代行して行うことができますので、依頼してみて下さい。有償にはなりますが。

 私も、行政書士ですので、ご依頼がございましたらしっかりと対応させて頂きます。どうぞ、よろしくお願い申し上げます。