日本人はなぜ英語が話せないのか?

日本の英語教育は本当にこれで良いのか?

 今回は融資や金融機関のことではなく、英語について思うことを書きます。実は私は4月から毎朝「Native Camp」というオンライン英会話を続けています。

 そのオンライン英会話の講師は、アメリカ人やカナダ人などネイティブもいますが、そのほとんどがアジア系の人たちです。特にフィリピン人が多いと思います。

 ワンレッスンは、25分で一日何回でも受講可能です。自分がやりたいレッスンを選択することができ、それに合わせてレッスンの教材が変わります。私は、日常英会話とビジネスイングリッシュの学習をしています。

 そのレッスンの中で、フリートーキングをする場面があり、私はフィリピンの英語教育や日常での英語での会話について質問をしました。フィリピンでは、英語は幼稚園から習うようです。そして、小学校から国語以外の教科は、英語で書かれた教科書で英語で授業を受けるというのです。つまり、数学や歴史や科学等の授業が英語で進められていくのです。

 このように、英語を使う環境を学校で作ってしまっているのです。そうすると生徒は否が応でも英語でコミュニケーションせざるを得ないということです。その環境が、フィリピン人が英語を自由に話すことができる要因であると、私は確信しています。

 あるレッスンで、「日本では、英語の授業を日本語で受けています。」と言ったところ、フィリピン人の講師に非常に驚かれました。日本では英語の授業でさえ日本語なのです。やはり、これを変だと思わないのは、ちょっとおかしなことだと思います。

 コロナ感染症の影響でインバウンドも現在消えてしまっていますが、世界はインターネットでつながり、グローバリゼーションは間違いなく進んでいをます。英語は世界の多くの国の人間がしゃべっている国際語でもあるので、これを話すことができないのはグローバリゼーションに乗り遅れることになるのです。抜本的に英語教育、そしてすべての教育について考えなおす必要があるのではないのでしょうか?

 2025年には、大阪で万国博覧会が開かれます。多くの人が海外から日本の大阪にくるでしょう。その時に、私は、日本人として海外の人々と楽しいコミュニケーションをしたいので、これからも、毎朝の英語の勉強を続けていきます。