代表ご挨拶

我が国の企業数において、約99.7%が中小企業であります。よって日本経済は中小企業によって支えられているといっても過言ではありません。しかし、中小企業はその経営基盤の脆弱性によって、外部環境の変化に対し大きく売上が落ち込んだり、不良債権が発生したりして経営が不安定になります。

中小企業の経営者は、そのような不安定な経営環境の中で、しっかりと舵をとって会社を前進させ、従業員・その家族の生活を守っているのであります。その苦労や不安はいかばかりでしょう。私は、是非その中小企業の社長の不安を少しでも取り除くことができればと心から願っており、私にもできることがないかと考えました。

私は、長らくの金融機関での経験、そして上場企業の子会社ではありますが、社長としての経験を活かして、この行政書士・コンサルタントの仕事を最後の挑戦として選びました。

企業の存続を左右するのは何といっても資金繰りに尽きるのではないでしょうか。資金繰りが安定しておれば、経営者はしっかりと長期的なビジョンをたてることが可能となります。

そこで、私は企業の資金繰りの安定、そしてそのための安定的な資金調達を目指すために金融機関との関係作りを行うことが大切であると考えています。その為にまず会社のことを金融機関にしっかりと知ってもらう必要があります。自社の経営計画書等の作成が必要であり、まずはそのお手伝いをさせて頂きたいと思います。

そして、私は、上記を行うことによって、自社の知的資産・財務体質・業務フロー・リスク管理・ガバナンスについて再度見直し、改善することにより、その企業が長期的に安定した経営を成し遂げることができると考えています。

私は、日本の経済を支える中小企業がもっと元気になって欲しいと思います。そのためには金融機関が、事業性評価をしっかりと行い中小企業の将来性を目利きをして融資してもらいたいと思っています。

そしてまた、外国人や高齢者といったこれまで融資を躊躇していた資金需要者にもニーズがあるのであれば、工夫を凝らして積極的に融資を行ってもらいたいと思います。

昨今、銀行が特に地方銀行がその低収益のビジネスモデルを指摘されていますが、まだまだビジネスチャンスはいっぱいあるように思います。

金融機関の皆様、是非一緒に日本経済を発展させて行きましょう。