銀行担当者重要?

銀行の担当者によって融資が左右するのか?

 「銀行の担当者によって融資の可否は変わってきます。」

 銀行の中で、自分の担当先や新規開拓先の商売をよく把握しているのは担当者であり、融資稟議を上司や本部に上げていくのに、担当者の説明が上手か否か、熱意をもって稟議を通そうとしているか否か、で全く結果が変わってくるのは理解できると思います。

 よって、融資を受けるということは、担当者によって、相当に運不運がつきまとうことになるのです。ですので、もし、お付き合いしている銀行の担当者が、社長の目から見て頼りないようであれば、担当者を変えてもらうように依頼することが必要です。

 しかし、その様な依頼をしても、銀行も人材は限られてますので、うまくいかないことが多いと思います。

 その時は、別の銀行に融資を依頼するか、代替の銀行がなければ、新しく銀行取引を始めることが必要になってきます。

 もし、新規の銀行を見つけることができないのであれば、我々のようなコンサルタントを利用するのもひとつです。

 私は、長年、日頃から色々な金融機関と付き合っていますので、どの銀行が、どのような案件に強いかを熟知しています。そして、それなりのルートを持っていますので、私がご紹介を差し上げれば、新規取引でも比較的スムーズに入ることはできます。

 但し、融資案件自体は、その時の会社の財務的状態や経済情勢などに左右されますので、必ず稟議が通るとは限りません。

 しかし、その中でも、私が考えられる精一杯の工夫し、銀行の理解を得れるよう努力して、お客様の将来の発展のために、是非とも貢献させて頂きたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です