創業融資

創業融資について

 当ホームページにお越しいただき誠にありがとうございます。私は、行政書士でコンサルタントの鈴木です。私は、これまでのブログで起業する方がどんどん増えてくれることを望んでいることを書いています。

 それは、日本の経済がアメリカのようなダイナミズムを失ってしまっていると考えているからです。新しい技術やアイデアがどんどん出てくる、そしてそれをどんどん実行できる社会でなければ、経済は活性化せず、老朽化していくと思います。

 若いピチピチした経済を作り上げるのには、やはり面白い、ワクワクするものを生み出していかなければならないのです。そして、そのようなことをする人間が増えなければならないのです。

 さて、新しい技術やアイデアがあっても、それを始めるにはお金が必要です。自分でコツコツ貯めて始めるのが良いのですが、それには時間がかかります。そこで、借入をして始めることもアリです。借入をすることで、「時間を買う」という発想です。

 しかし、融資を仕事としている銀行は、創業の資金を融資してくれません。事業として実績がないものには、返済能力があるかどうかが分からないので融資しないのです。

 それをやってくれるのが、政府系の金融機関である日本政策金融公庫なのです。日本政府も、やはり日本の将来のために新たに事業を始める人をバックアップしたいと考えているのでしょう。また、この創業融資には、色々な制度がありますので、その条件に合う方は有利な条件となりますので、是非そのマッチした制度融資を利用した方がよいと思います。

 また、自己資金があるという方も、公庫の創業融資借入はしておいた方が良いと思います。低利で期間も運転資金で7年と長期で借入できます。資金は余裕を持っておいた方が、資金繰りをあまり考えずに事業に専念できますから。また、借入の実績を作っておくことも、今後の公庫との付き合いに影響しますので。

 多くの地域の行政書士会は、日本政策金融公庫と提携関係にあります。創業融資のご相談も行政書士が承っておりますので、是非お気軽にご相談してください。

 私は、銀行員出身ですので、公庫だけではなく、一般金融機関で保証協会の創業保証制度のご案内も得意です。どうぞ宜しくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です