成長企業!

成長企業とは?どのような会社

 成長企業とは、どのような企業でしょうか?私は、次の3つの要素のいづれかを持っている企業であると考えています。

1.全く新しいマーケットにチャレンジしている。

2.新しいコンセプトのテクノロジーがある。

3.成長しているマーケットに早期に進出している。

 まず、全く新しいマーケットにチャレンジしているとは、AI関連、バイオ関連等のこれから人類が向かっていく、今までなかった未知の領域に踏み込んで、全く新しいモノやサービスを提供していこうとしていることです。

 この要素は、未来の人類生活を根本から変えることができるものなので、これを企業化することは、莫大な利益が得られる可能性があるということです。しかし、0から1を創造するのは、容易いことではありません。色々な困難がそこにはあるでしょう。それに打ち克つことにより、次世代の成長企業として、日本経済の基盤を支えていく企業になっていくと思っています。

 次に、新しいコンセプトのテクノロジーがあるとは、今日常生活にあることを、より便利とか、より心地よいとか、より面白い、などの商品やサービスを提供できるテクノロジーを持っている、もしくは開発できるということです。

 消費者の購買活動が、「モノ」から「コト」に変化している、と言われて久しくなります。日本には、モノは溢れかえっています。今の若い世代は、余り欲しいと思うようなモノはないそうです。そのような中で、購買活動を起こさせるには、人の感性を刺激することが必要になってきます。そして、その感性を刺激するには、ある種の尖ったテクノロジーが必要だと考えます。そのようなテクノロジーを持っている、または開発できる能力のある企業が、今後、成長していくであろうことは想像できます。

 最後に、成長しているマーケットに早期に参入することが、大きく成長していくということは、誰でも考えられることと思います。

 しかし、今の日本に、これから成長するであろうマーケットがあるのでしょうか?少子高齢化が急激に進んでいる日本のなかでは、大きく成長することは難しそうですね。

 やはり、目を世界に向ける必要があると思います。世界には日本では考えられないような様々な生活をしている人々がたくさんいらっしゃいます。その人達のニーズを満たしていくことは、ビジネスとしては自然の流れであると思います。そして、それを誰よりも早く開始しマーケットを押さえていくことが大切です。競争相手は、日本だけではなく、世界中となりますからスピードが重要です。世界に目を向けるとマーケットはまだまだたくさんありそうです。まずは、グローバルマインドが必要です。

 いづれにしても、今までなかったモノやコトをやらなければなりません。今までの経験や知識が全く役に立たないかもしれません。

 しかし、想像力をたくましく、リスクを取って、果敢に行動を起こすことが大きな成功に結び付くのでしょう。是非、そのようなチャレンジされる方が、この日本に増えていってもらいたいと思っています。

 当事務所では、そのようなベンチャースピリット溢れた方に対して、最大限の支援をさせて頂くことをモットーとしております。是非、お気軽にお問合せ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です