日本におけるベンチャー企業の葛藤

 日本においてベンチャー企業は育ちにくいのでしょうか?新しい技術がある、新しいアイデアがある、それを使って世の中をもっと便利で心地よいものにしようとすることが、ベンチャービジネスに繋がっていくのです。その始まりは純粋で、熱く燃え、将来への希望に満ち溢れているのかもしれません。しかし、その新しい技術や新しいアイデアをどのように具体的にお金に換えていくのかが大きな問題です。

 新技術や特許発明によるベンチャー企業には、越えなければならない3つの関門があると言われています。「魔の川」「死の谷」「ダーウィンの海」と呼ばれるものです。「魔の川」とは、研究から製品に開発されるまでの大きな川が横たわっているということです。研究段階ではすごい発明でも、それを製品にするのが非常に困難であるということです。

 「死の谷」とは、製品開発からそれを事業化する間の深い谷があるということです。事業化には、それに必要な機械や人材、販売網などが必要ですし、多額の資金を投下しなければなりません。

 そして、「ダーウィンの海」は、事業化したのちに安定収益化するまでの広大な海を意味しています。事業が立ち上がっても、そこからマーケットという大海原に向かって大航海をしなければならない、船が遭難することも多々あるということです。

 このように起業をしようとすると大きな困難が立ちはだかっているのです。これに打ち勝っていかなければ未来はないのです。そして、そのいずれの困難にも資金というものが必要になるのです。しかし、日本のベンチャー企業は、その資金を集めが非常に難しいという状況なのです。アメリカのようにエンジェルがいるわけではなく、ベンチャーキャピタルもスタートアップの会社には投資しません。むろん銀行は融資など絶対にするわけがないのです。

 唯一、日本政策公庫国民生活事業が創業融資を行っており、また信用保証協会にも創業保証があります。しかし、この融資・保証にしても金額はたいしたものではなく、すぐに枯渇するでしょう。では、日本に新しい企業や産業は生まれてくるのでしょうか?このように資金調達が非常に困難であるなかでは、お金が掛らない会社しか創業することができないということになってしまいます。

 こんなことでは、アメリカや中国にどんどん差をつけられてしまいますね。どうか資本家の方、日本の新しい芽に、是非とも必要な水を注いてやって欲しいと思います。そして、水を注いでやろうという事業を創っていくベンチャースピリットあふれる人材がどんどん日本に増えていくことを願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です