スタートアップの資金調達について

 本日は、スタートアップ企業の資金調達について私の考えを述べたいと思います。先日もこのBLOGで書きましたが、日本では新規に起業しようとする人材が他国に比べて少ないのです。これでは、今後長い目で見ると、日本の経済は他国に大きく遅れてしまうのではないかと思っています。新しい技術やアイデアを持った人材は、どんどん起業してもらいたいものです。
 
 しかし、新しい技術やアイデアがあっても、それを製品・商品化しようとすると、資金がかかるものです。自己資金が豊富にある人は良いのですが、すべての人がそうではありません。出資や融資が必要になってきます。日本では、アメリカのようにエンジェルという投資家はあまりいません。ベンチャーキャピタル会社は、日本ではまず会社数が少なく、またあまりアグレッシブに投資していないようです。

 銀行では全く新規起業者には融資していません。分からないから融資しないそうです。分からなければ調べたり、考えたり、議論したり、腹を括ったりしたらよいと思うのですが、何もせず、分からないからリスクを負ってまで融資する必要がないということです。そんな仕事してて面白いのかなと思いますが。

 唯一融資を受けられる可能性があるのは、日本政策公庫国民生活事業の創業融資です。また。信用保証協会の創業保証の制度があります。公的な支援頼みというとこでしょう。民間は分からないからやらない。「思考停止状態」

 やろうと思えば、金利を高くとってやるとか、技術を理解する人材を入れるとか、業種を分散させてファンドを作って融資するとか、ほか何か工夫してやってみたらどうかと思いますが?

 現在銀行は、収益がでずに経営がしんどいと言われています。もっと色々な工夫をして、真剣に調査して、腹を括ってリスクテイクして、貸出金利を高くして貸せば良いだけだと思いますが?それが銀行の仕事で面白いところだと思いますが?いつまでたっても昔と同じことばっかりやってても何も変わらないと思いますが? いかがでしょうか? どこかにおもろい銀行ないでしょうか!おもろいバンカーいないでしょうか!期待しています!!